葬儀の流れ

イー葬儀ハウス 見出しライン

一般的な葬儀の流れをご紹介します。
下記は臨終から出棺までの仏式の葬儀の一例です。
地域によってしきたりや慣習が異なりますので、詳しくは地元の葬儀社にお尋ね下さい。



  【目次】
  ・臨終直後
  ・寺院への連絡
  ・遺言書等有無の確認
  ・葬儀の打ち合わせ
  ・諸手続き事項
  ・死亡の連絡
  ・お通夜の準備
  ・お通夜
  ・式典の準備と確認
  ・ご葬儀・告別式
  ・御出棺

  葬儀社へ連絡
    すでに葬儀社を決めてある場合はまず連絡すると、その後の流れもスムーズにいきます。
    末期の水
    新しい筆の穂先か、割り箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶碗の水にひたして故人の唇をぬらすようにします。(病院から自宅に帰ってから行うことが多いようです)
     主な家族に連絡
     肉親や特別な関係の方にはとりあえずおしらせします。



 
  死亡診断書の受け取り
    以後の諸手続きに必要です。ご自宅でなくなった場合も、医師または警察による死亡の確認が必要です。
     ご遺体の移送
     
     ご遺体の安置枕飾り
     

  枕経のお願い
    宗旨、宗派、所属寺院の確認
    日時の打ち合わせ
    通夜、葬儀、お骨上げ、初七日などのスケジュール
戒名、法名のお願い
通夜、葬儀の僧侶の人数、送迎、食事などを打ち合わせ
火葬場のお勤めの確認
     神棚封じ
     神棚の戸を閉め白紙ではり、絵画や額、置物などの装飾品を取り外し、表には忌中紙を張ります。  

 

遺言状の保管状況により、その時開封できない場合がありますので注意。故人の希望する葬儀形態がある場合はできるだけ故人の希望を尊重しましょう。

 
 

  葬儀内容の決定
    ・喪主を決めます。  
・通夜、葬儀の日時、式場を決定
・葬儀の規模と予算を決めます。
・世話役や主な係りを決めます  
    準備と手配
    ・遺影写真の引き伸ばし
・霊柩車、火葬場
・会葬礼状、お供養品
・通夜お供養品
・装具一式
・式場の設営
・受付用具、案内掲示
・テント、冷暖房設備
・バス、ハイヤー
・新聞広告、その他
・生花、花輪、樒(関西のみ)乾物、灯篭等の供物の注文
・式服、貸衣装の手配
・通夜ぶるまいの料理、精進落としの料理、手伝いの弁当、引き出物等の手配
     神棚封じ
     神棚の戸を閉め白紙ではり、絵画や額、置物などの装飾品を取り外し、表には忌中紙を張ります。  



 

死亡届に必要事項を記載します。
死亡届の手続きをします。
火葬(埋葬)許可証をうけとります。
    火葬場の手続きが必要な場合は済ませておきましょう。
     
 

  親類へ連絡
   
    友人や関係先へ連絡
   
     町内へ連絡
    ・通夜葬儀の日時が決まったら早く連絡しましょう。
・向こう3件両隣は直接あいさつに出向きます。
・町内への連絡は町内会を通じて行うようにします。
・故人や遺族の会社関係には、社内で中心となって伝達してもらえる上司などに連絡します。
・重複して連絡されると大変失礼になりますので、よく確認のうえ、連絡するようにしましょう。


 

・御寺院用の座布団、お茶、お菓子を用意します。
・受け付けの場所と人を決めておきます。
・お供用品をお渡しする場所と人を決めておきます。
・道案内(人指し)は適切に設置されていますか。
・履物、傘、携帯品等の勘違いないように番号札を用意するほうがよいでしょう。
・駐車場もできれば用意しましょう。
・冷暖房設備、テント等の追加の必要性は?
・座布団、お茶、お茶菓子、通夜料理、お酒等、通夜接待の準備
・トイレットペーパーは目に付きやすいところに十分用意
・遠方からのご親族の宿泊の用意は?
・数珠、黒ネクタイ、靴下、貸衣装用の肌襦袢、足袋、お布施の袋などの用意は?



 

・お勤めの終了後、ころあいを見て喪主、または親族が挨拶をおこないます。
・お通夜が一段落したら、焼香順位、供車の乗車配分など翌日の式典の準備を親族の主だった方々と相談しておきましょう。



 

遺言状の保管状況により、その時開封できない場合がありますので注意。故人の希望する葬儀形態がある場合はできるだけ故人の希望を尊重しましょう。

葬儀会社に任せるのが一般的です。

必要のあることは葬儀会社のアドバイスを受けましょう。
進行(葬儀会社)。

霊柩車、火葬場での準備