受付係になったら

イー葬儀ハウス 見出しライン
受付係りは葬儀を円滑に進めるために重要な役割を担っています。 スムーズな葬儀を執り行うために、受付係りのするべきことを知っておきましょう。
 
 【目次】
 1.始まる前に
 2.受付役割分担の確認
 3.備品の確認
 4.受付は30分前に準備完了
 5.お供えと弔電はすみやかに係へ‥
 6.会葬者の受付
 7.礼状と会葬御礼品を
 8.香典の氏名記載の確認
 

喪服を着用しておきましょう。 会葬者の駐車場の確認をしましょう。 受付回り、待合場所の清掃状態をお確かめ下さい。 交代で焼香して下さい。(事前に済ませる場合もあります)

受付係全員が顔合せをし、各自の役割分担を確認しましょう。 一般会葬者の係、仕事や会社関係の係、会葬礼状と御礼品をお渡しする係などを決めておきます。   
 
 

芳名録、事務用品関係、香典箱、名刺受けなどの確認ます。 会葬礼状と粗供養と粗供養品は渡し易い場所に置きましょう。
 
 

定刻の30分前には準備を完了し、受付場所で待機して下さい。

供花・供物は直ちに係の方に伝え、式場にお供え下さい。 弔電は司会進行係へすみやかにお渡し下さい。
会葬者に一礼して迎えます。芳名録に記帳をお願しいします。氏名だけでなく、住所、勤務先も記入してもらいましょう。お悔やみの言葉に対しては、「ご丁寧に恐れ入ります」と返礼します。 弔問客の焼香が始まっている時は、「ご焼香お願いします」と案内します。       

会葬礼状と御礼品を「どうぞお持ち下さい」と 渡しします。 香典が連名になっている時は、全員に行き渡るように数を確かめて下さい。 (会葬御礼品の渡し洩れになった場合、大変失礼になります。)  

戴いた香典袋のお名前を確認し、記入もれの無いようにします。