神式の玉串奉奠

イー葬儀ハウス 見出しライン
「玉串奉奠」とは仏式の焼香にあたるもので、神式での通夜や葬儀の際に行なわれます。
 
 【目次】
 ・神式時の作法
 ・神式時の玉串奉奠のしかた
 

2礼2拍手1礼が基本です。 神式では仏式の焼香の代わりに玉串を奉奠(供えること)します。葬儀のときはまず神官が奉奠したのち喪主、遺族、親戚、友人、知人、一般会葬者の順に神前の玉串台に供えます。
 

①神官の前に進み榊の小枝にシデ(白い和紙の飾り)をつけた玉串を受け取り、神官に一礼(行礼)します。
②左の手のひらを上にして葉先の中央の部分をのせてから右手をかぶせるように枝のほうを軽くつかんで受け取るのが正しい作法です。
③玉串を胸の高さに捧げながら、玉串台の2,3歩手前まで進み、軽くいただき持ち手を替えて(180度回転させ)葉の方を手前に枝を向こうになるように玉串台に供えます。(右図参照)
④二礼(真礼)、二拍手(弔事は『しのび手』と言って音を立てずに拍手します)の後両手を下にしてさらに一礼(真礼)、前向きのまま2歩程下がり向きを変えて神官に一礼(行礼)、次に遺族に一礼(行礼)してから自席に戻ります。