家族葬全国一律50万円

香典返しを贈る時期

仏教で四十九日は『中陰』。死者の運命が決まる日とされています。
このため四十九日までは死者の魂がさまよっているとされ、遺族はその間を『忌中』とし、使者が成仏するよう身を慎みます。

香典返しはその四十九日、忌明けのころに贈ることが多いようです。
また、キリスト教では決まりは特にありません。一般的なものとして、1ヶ月後の「召天記念日」を目安に、お礼状を添えて贈るようです。

香典返しをもらったら

香典返しを受け取った場合、現在では宅配便で頂くことが多いと思いますが、その場合でもお礼の電話やお礼状は不要です。

ただし、親しくお付き合いのある関係なら、お礼状とまではいかなくても手紙やはがきなどで届いた旨を伝えるのは良いかもしれません。