香典について

イー葬儀ハウス 見出しライン
香典はお葬式のときに故人へ供えるお金のことです。 香典といっても、各宗派の違い、香典袋の書き方や渡し方、香典の相場などはっきりわからないことが多いと思います。 このサイトで「香典のマナーと知識」を身につけてください。
 【目次】
 ・ふくさの包み方
 ・香典の渡し方



香典はふくさに包んで持参したいものです。むき出しの金包みをポケットやバックから取り出すと粗雑に扱っている印象を与えます。最近は金封がしわにならないように台が取り付けられている台付ふくさがあり、祝儀、不祝儀どちらでも使えるものもあります。



香典を福のポケットやハンドバッグから直接出すのは失礼にあたります。弔事用のふくさか、地味な色の風呂敷に包んで持参すると良いでしょう。受付があれば芳名録に記名を済ませ香典をふくさから出して相手のほうへ向けて差し出します。受付が無い場合は祭壇に進み礼拝するときに自分の姓名が相手側になるよう、盆または机の上におきます。


  中包みがある場合
    中包みの表には漢数字で縦書きに金額を書きます。裏には住所と氏名を書きます。 市販の香典袋にはあらかじめ記入欄があることが多いので項目にそって書き込めばよいでしょう。

  連名で香典を出す場合
    少数の場合は右から目上の人を並べて書きます。 大人数の場合は姓名を別の紙に書いて同封します。そのときも目上の人を右から書きます。 会社関係の場合は会社名も書いておきます。名刺を貼っても構いません。

  入れるお札は新札?古い札?
    新札は不幸に対して準備していたと思われることから避けられていましたが、最近では銀行などですぐに新札が手に入ることから、気にする方も少なくなりました。 どうしても気になる場合は折り曲げてから包むようにします。